電話番号

〒496-0901
愛知県愛西市佐屋町堤西107

診療案内|愛西市の 内科,糖尿病内科,ペインクリニック内科,皮膚科 渡辺クリニック

診療案内

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

内科

かぜ

ウイルス性のかぜは抗生物質が効きません。抗生物質は細菌を殺すために使用します。漢方薬を体質、症状にあわて処方します。鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、吐き気などの症状は院内で漢方薬を飲んでいただき、5分以内に軽快します。細菌性の気管支炎、肺炎、扁桃腺炎には抗生物質を十分に処方し、重傷の方には抗生剤の点滴治療をしています。

生活習慣病

脳卒中、心筋梗塞、心不全、腎不全にならないように高血圧、脂質異常症、糖尿病の治療が必要です。歩行不足、過食が原因で糖尿病の患者さんが増加しています。糖尿病には各種の薬を使い分け、HbA1cを6.5以下にするように努めています。HbA1c8以上の方は外来でインスリン治療の導入をしています。

超音波検査

血圧脈波検査装置で動脈硬化指標CAVI、足関節上腕血圧比ABIを測定し、頸動脈エコーにて内中膜複合体厚を測定、動脈硬化によるプラーク、石灰化を検出します。脳梗塞、心筋梗塞を予知し、末梢動脈疾患を診断します。必要があれば病院へ紹介し、頭部MRI、冠動脈CTを施行しています。

動脈硬化外来

血圧脈波検査装置で動脈硬化指標CAVI、足関節上腕血圧比ABIを測定し、頸動脈エコーにて内中膜複合体厚を測定、動脈硬化によるプラーク、石灰化を検出します。脳梗塞、心筋梗塞を予知し、末梢動脈疾患を診断します。必要があれば病院へ紹介し、頭部MRI、冠動脈CTを施行しています。

前立腺肥大

超音波検査で診断し、血液検査PSAで前立腺癌の検査をして、薬(ユリーフ、アボルブ)を処方しています。アボルブは肥大した前立腺を縮小する効果があり、徐々に残尿感、頻尿、尿意切迫感などの症状が改善し、早めに服用すれば前立腺が小さくなり手術を避けることができます。

骨粗鬆症

女性は更年期を過ぎると急に老化が始まり、色々な不調がでてきます。平均的な人でも骨粗鬆症になり、少しのことで骨折します。60歳を越えたら、7~8割の方は骨粗鬆症と思われます。診断は腰椎X線写真、骨塩定量MD法(手のX線写真)にて骨粗鬆症の程度を判定します。薬はビスホスフォネート製剤(ボナロン、ボノテオ)、ビタミンD3製剤(エディーロール)、SERM(ビビアント)を処方しております。

糖尿病内科

糖尿病とは

血液中のブドウ糖(血糖)が慢性的に高い病気です。高血糖が続くと、糖がタンパク質に結合して、全身の組織が変性して老化し、合併症が進行してしまいます。いったん悪化すると元には戻れません。

詳しくはこちら >>

咳外来

咳外来

当院では、咳止めは処方しません。咳喘息、逆流性食道炎、副鼻腔炎、感染症(マイコプラズマ、百日咳、結核、肺炎)、降圧剤の副作用などを的確に診断し、病気を治療すれば容易に治ります。

詳しくはこちら >>

気管支喘息

喘息は気道の慢性的な炎症が原因です。刺激に気道が敏感になり、わずかな刺激で咳、痰、気道狭窄(呼吸困難、ひゅーひゅー)が起きます。吸入ステロイドで気道の炎症を抑えることが喘息治療の基本です。発作がなくても炎症を抑えるために吸入ステロイドを毎日続け、発作のない状態を保つことが重要です。

花粉症

鼻水を検査して、アレルギー性鼻炎の診断をします。採血をしてスギ、ダニ、カビなどのアレルギーを特定します。治療はステロイド点鼻薬、点眼薬、抗アレルギー薬を処方しています。ステロイド点鼻薬は眠気、口の渇きなどの副作用がなく効果も良好です。

漢方外来

血液検査、MRIなどの検査でも異常がないのに長年続く体調不良、不定愁訴などに、漢方治療が有効です。

詳しくはこちら >>

ペインクリニック内科

痛みの治療

痛みの治療大学病院の麻酔科、整形外科で導入されている半導体レーザー治療器にて慢性疼痛を治療します。
一般の理学療法では膝痛、五十肩などで1年以上通院しても治らない方が多くみられます。一般的に1年以上通院しても改善しない治療は続けても治ることは期待できません。レーザー治療をすれば、2~3ヶ月で治ります。

対象疾患:顎関節症、腱鞘炎、肩こり、五十肩、腰痛、膝痛、捻挫など

詳しくはこちら >>

ロコモティブシンドローム

高齢になって膝や腰の痛みから体を動かしづらくなって、歩行障害になる危険性が高い状態をロコモティブシンドロームといいます。寝たきりや要介護にならないように、レーザー治療器で痛みを治し、歩行やトレーニングで筋力を鍛え、薬で骨粗鬆症を治療し、転倒をしないようにバランス能力を向上させることが重要です。痛みがあると歩行が困難となり、肥満が悪化して生活習慣病、特に糖尿病が発症しやすくなります(2倍くらい増加)。ロコモティブシンドロームの治療はメタボリックシンドロームの予防にも重要です。

頭痛外来

慢性頭痛の原因として片頭痛、緊張型頭痛、薬物乱用頭痛がよくみられます。片頭痛の特効薬としてトリプタンがあります。また、頻繁に起こってつらい片頭痛の予防薬としてバルプロ酸があります。生理前に悪化する方は漢方薬も有用です。緊張型頭痛は肩こりによる頭痛で筋弛緩剤や漢方薬で治療します。薬物乱用頭痛は鎮痛剤ののみ過ぎ(月に10回以上)で頭痛が悪化する頭痛です。この場合は鎮痛薬の服用をやめ、片頭痛や緊張型頭痛の治療を行います。

皮膚科

アトピー性皮膚炎

ステロイド軟膏のみで治らない難治性のアトピー皮膚炎でも漢方薬を併用すれば改善します。漢方薬は2~4週間で効果があります。また、当院独自のラップ療法はよく効きます。

詳しくはこちら >>

爪水虫

一般的な治療は内服薬(ラミシール、イトリゾール)によりされますが、副作用が心配でお勧めできません。当院で開発した炭酸ガスレーザーによる治療や、爪表面を削って行う治療法は外用薬で安全に確実に治療できます。

ニキビ

ニキビは毛穴に皮脂が詰まって、炎症が起きることが原因です。皮脂の分泌が多いと毛穴が詰まります。はがれた角質が詰まると皮脂が毛穴からでることができません。毛穴にはニキビ菌がいて、溜まった皮脂が化膿します。
治療は化膿したニキビには抗生剤を塗り、毛穴の角質を取り去るディフェリンゲルを塗ります。一般的にはニキビ菌を殺菌するために抗生物質を服用します。当院では、漢方薬を処方しています。
漢方薬としては、体質、分布、ニキビの性状にあわせて清上防風湯、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、荊芥連翹湯、十味敗毒湯、加味逍遥散、桃核承気湯などを処方します。

食物アレルギー

食物アレルギーとは、原因食物を摂取した時などに、蕁麻疹や咳、呼吸困難など様々なアレルギー症状が引き起こされます。

詳しくはこちら >>

AGA

AGAとは「男性型脱毛症」のことです。
当院では、プロペシアのジェネリック薬品や『ザガーロ』を取り扱っております。薄毛治療でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

Page Top